社員インタビュー

みんなで協力しながら後世に残る物を作る喜びが得られる
錦戸豪 仕事内容を一言でまとめると「現場監督」です。現場の管理、書類や人員、機械の段取り、材料の手配等を取りまとめて、現場を円滑に進めることが大切ですね。現場での安全管理を含めて一括的な現場の管理をしています。
現場には二つとして同じものはありません。作業時期、人員、機械などの要因が物を作ることに大きく影響します。そのすべての要因をまとめ、スムーズに工事を進めていくことにやりがいを感じますね。そして、その作ったものは私たちが利用し、私たちの子供たちも利用します。後世へ維持、補修されながらも残っていきます。そんなことを考えながら仕事を進めていると、やはり責任のある仕事なんだと思います。
歳の離れた方とのコミュニケーションは入社当時の悩みだったんです。学生時代は歳の離れた方と接する機会も少なかった上、こちらが指示する立場になるわけですから。
最初は怒られることもありましたが、無我夢中で取り組んで少しずつ仕事を覚えていく中で褒められるようにもなって。単純ですがやる気も出ましたし、素直に嬉しかったですね。
今では幅広い年齢層もニシノの強みだと思ってるんですよ。年代の違うお客様と接するときはもちろん、会社以外でも地元の付き合い等で年代の違う方と接する時にも、戸惑うことがなくなりました。
毎年求められるものが変わっていく業界なので、それに対応できるように変化に目を配っていきたいですね。書類の書き方から電子入札のことなど、日々学んでいくことが多いので。
その中で、職場を活性化させるためにも後輩の指導にも力を入れていきたいと思っています。
道路を車で走行中に、その道にいろいろな感情を持てるのは、建設業ならではの特権ではないでしょうか。道路のことばかりではないですが、施工に携わっている人は誰もが同じことを思うでしょう。後世に残る構造物の建設、辛い時もありますが、完成時の喜びは計り知れません。自分の子供や孫たちまでもが利用していくと思うと責任重大ですが、夢があり、やりがいのある仕事です。